ジュエリーネイル 札幌 中古住宅 photo. | little things**
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

すきな時間

くらくてあかるい

暗くてあかるい時間がすき
空がきれいな色に染まる
カメラをもってその明かりがどこに行くのかついて行きたくなる

きもち色

そらのいろ

色が出きるまで色を出す。
そらがまっくろ。
でも真っ白になるまで色を出す。

追いかけていたものが見えたりする。
それを空いた穴につめても。
詰めても。
まだ隙間がある。

隙間無くはまるパーツはあなたしか持ってないよ。
会いたいよ。

Your mind can ChaNge the WoRLd!!
my self.

良し悪しという結果となるのは最後。
その途中の経過という、出来上がるまでのプロセスが大切。

だから何かをしなきゃいけない、
何かを決めてそれを信じることをしなくてはいけない。
それが結束という縛りであって。

とりあえずやることを重ねることで足跡をつける。
どこにでもいいつけれるだけつければいい。
それは力だから。

そしてそれに交差するチャンスというものは、
与えられることと、与えてもらうこと。
共にそうならなきゃ。
目指す自分自身や真実を信じることは出来ない。

結局という言葉はそれが正しいかわからない。
だけど、

自分を信じること。

だれかを信頼すること。

そして愛すること。

それは今日のここじゃなくて、
明日のどこかに繋がっている。

Only you and do yourself!!


darkroom.

black & white

久しぶりに暗室入った。

久しぶりに自分の写真に命を吹き込んだ。

何とも言えない楽しさで胸がいっぱいになった。

何度やってもその新鮮さが次へ次へと誘う。

冬になったし、また本気で白と黒の世界に帰ろうかな。

Autumn is coming to there.

autumn

秋だね。

つまらない。かもしれない。
前ほど楽しさがないというか。
実際はそんなこともなくって。
ただ自分の幅が狭くなっただけの話で。
うまく保てるラインを掴みづらい。

やるとこまでやった。
いけるとこまでいった。

訳では全くない。

まだ序の口。
始めたら終わりがなきゃメリハリなんてない。
だから、これをやったらこれって気分になればいい。
けど何か今はならなくてもね。
みたいな。

でもまぁ、何にもしてないとは言わないけど。
可能性は無限と共存して今日がある。

でも前ほど輝いた瞬間を見つけていない気がする。

ただ天気のせいだけどね。
最近雨だったり曇りだったり、
空を撮ってないから。

物の表情を撮っている日々だからさ。
それはそれでスキ。
コスモスの花粉がキレイだなぁって思う。
キレイなコスモスは☆が出来る。
そんな写真をずっと見てる。
それが楽しいってこと。


心が喜ぶ瞬間がある。
それをくれる時がある。

『アルバムを見ました。

すごく素敵な写真で。

すごくかわいいです。

また、写真見に来ます。

これからも応援してます。』

うれしくなる。

誰かに憧れて始めたもので、
誰かに憧れられる存在になれた今日がある。

そろそろ自分のねじをまこうかな。
寒さの冬に冬眠ばっかしてらんない。

忙しい。
つらい。
のことも。

いつかは
たのしい。
しあわせ。
になるんだろうと思う。


隣に居てくれる人がつぶやいた言葉がうれしかった。

『素敵な物を持ってると思うよ。
だから続けて欲しいな。』

そうそろそろ、始めると。
続けるの扉をあけようかな。

子供か大人か、
小さな旅立ちと暖かい春を、
生まれた春を探しにいきましょう。